赦すこと・奇跡のコース

susumu-blog
この記事は約2分で読めます。

赦し [forgiveness]

 

聖霊またはイエスと共に、
罪悪感も裁きも介入させずに、

自分の特別性を正視すること。

 

他者の上に投影していた
罪悪感を全て取り去り、

「敵」(特別な憎悪の場合)か、

さもなければ「救済者 – 偶像」
(特別な愛の場合)として
彼を見ていた知覚を、

兄弟を見る知覚へと変化させることであり、

それが私たちの特別な機能(はたらき)。

 

「分離を反映した見かけ上の
差異を超えたところに視線を向け、

<子>の内に全ての人々が
一つに結ばれているところを見る」

という奇跡あるいは
<キリストの心眼(ヴィジョン)>の表現。

 

従って、罪を実在するものとして
知覚することは、

真の赦しを不可能にすること。

 

「自分が書いた台本に対し
責任があるのは自分であり、

神の平安を自分から
奪えるのは自分だけであるから、

私たちが自分に対し
為されたと思っていたことは、

自分で自分に対し
行なったことだった」と認識すること。

そうして、私達は他の人々が
私達に対し為したことについて

彼らを赦すのではなくて、

彼らが本当は何も為さなかったがゆえに赦す。

 

以上が赦すことの解説となります。

詳しくは、オンラインサロンなどへ
ご参加いただいて
あなたの日常を通して
体感できればと思います。

オンラインサロン

これを日常の生活の中で
あなたのものにすると何が起こるのか?

それはまさしく
奇跡の連続体験そのものとなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました