胸が潰れそうな時の祈り。

blog
この記事は約2分で読めます。

人生には、
何度も祈る事しか出来ない時があった。

けれど、最も苦しかったのは、
祈る気にもなれない苦しみが、
訪れた時だった。

人は、本当に苦しむと
祈る事も出来なくなるのだ。

そんな時、
ただ、大いなる何かに

助けを求めた時に、
私は、
自分自身の内側に
小さな
けれども確かな声を
聞いた。

「あなたと同じ事で苦しんでいる
人の為に祈ってくれませんか?」

私は、その時、
正気に戻った。

これは、本当に

私だけの

苦しみだろうか?

奇跡のコースには、

私達のこころには、

パワーがあって、

何もしなくとも私達の

思いは

数千人に

拡がっていくと

書かれている。

「私と同じ事で

苦しむ人と共に

こころが

癒されますように。

救われますように。」

この祈りを捧げた時に

私の中に

暖かい思いが溢れた。

慈悲とも言える思いに

触れた。

私が苦しんでいても

出来る事を

ホーリースピリットに

教えてもらった気がした。

「私と同じ苦しみを体験している人と

共に救われますように。」

その後、

このお祈りは、

私の癒しに本当に

助けになるものとなっている。

私達は、自分の

苦しみに囚われると、

私だけの特別な苦しみに没頭し、

こころを閉ざしてしまうから。

苦しみの最中であっても他者の為に

祈る時、

分離よりも

ワンネスにこころを開き、

人と繋がる事を選ぶ事が

出来るのだなと

思っている。

こころを閉ざさずにいると、

不思議な事に何処からか、

助けも来るのだ。

セッション、クラスの詳細は、ホームページから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました