天職と、名古屋モーニングのお話。

blog
この記事は約3分で読めます。

寒くなりましたね〜グラサン

 

 

チンチコチンが美味しい季節に

 

なり嬉しい私です。

 

※チンチコチンは、

 

名古屋弁で熱々の事です。

 

下ネタでは無い(笑)

 

 

夫婦で、よく、

 

モーニングを食べに

 

出掛けます。

 

 

 

 

 

 

 

私の出身の名古屋には

 

喫茶店がとても多く、

 

朝は、コーヒーを頼むと

 

茹で卵、サラダ、

 

小倉トーストくらいは、

 

つくのが普通だったので、

 

このモーニング文化が、

 

地域的なものとは、

 

大人になって知って

 

ビックリした。

 

 

小倉トーストも名古屋特有のものだとは、

 

知らなかった。

 

子供の頃から大抵の喫茶店には、

 

小倉トーストは、

 

あったように思う。

 

 

 

 

先日、コメダ珈琲で、

 

モーニングしながらブログを

 

書いている時、

 

ふと、ある意味、

 

こういう生活がしたかったんだよなと

 

思った。

 

 

ある方が、

 

 

「それが、仕事と思うのなら

 

天職では無い。それが、

 

人生と思うのなら天職だ。」

 

と、仰られて

 

とても腑に落ちた事がある。

 

 

こころの探求、

 

癒し、書く事は、私に取って、

 

仕事というより正に

 

人生だったなと思っている。

 

 

どうしてもやらずには、

 

向かわずには

 

いられなかった事だ。

 

 

そして、そこに向かう過程で、

 

仕事もパートナーも

 

現れた。

 

 

ワクワクする事とは、

 

飛び上がって何かを

 

する様な何かでは無く、

 

静かな情熱と、

 

聞いた事がある。

 

 

もし、今、あなたの中にも

 

向かわずにはいられない

 

静かな情熱があるのなら

 

こころの呼び掛けに

 

応えてあげると良いなと私は、

 

思っています。

 

どんな思いでもね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました