聖霊と共に赦す 奇跡のコース・奇跡課程・ACIM

susumu-blog
この記事は約1分で読めます。

この社会の中では赦しをせずには
生きられないんじゃないかと思える。

どれだけでも聖霊に語りかける必要のある
不安や苦痛や滑稽な出来事がないですか?

だから、赦しは機械的でも大丈夫。

そうして
赦しを経験してくると、分かってくることは、

赦しによって、痛みが感じなく、
鈍感になったり、痛みをコントロールして
軽減させているわけではないということ。

痛みや苦しみはある。

ただ、苦しむ人は、もうそこには居なくなる。

長らく、自分だと思っていた者が、
そうではないと、目線がズレてくる。

そこにスペースが出来る。

だから、
苦痛から逃げ出したいとか
思わなくなってくるし、

「どうして自分はこんな目に会うんだ」

というような葛藤も、そう言えば無くなる。

このような事が、
いわゆる「軽くなった」という事だと思う。

癒され、軽くなると、何かを求めて探す事も
必要を感じない。

求めていないけれど、突き動かされる指針は
見せてもらえる。

だから、聖霊と共に赦しをする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました